浄化槽とは

私たちの生活の中で、炊事、洗濯、入浴、トイレなどで使われた後の排水は、1人1日あたり200リットル程度と言われています。その生活排水を、微生物などの働きにより分解・処理し、川などに放流できるきれいな水に変えるための装置を「浄化槽」と呼んでいます。浄化槽の機能を保つために、浄化槽法によって定められたルールを守り、設置後の維持管理を行わなければいけません。
浄化槽TAサポートでは、浄化槽の機能を正常に保つための浄化槽維持管理、及び浄化槽ブロワ販売を行っております。

浄化槽の種類

単独処理浄化槽 トイレの排水しか処理できません。その他の台所・洗濯・風呂などの汚れは、そのまま流出されてしまいます。
合併処理浄化槽 トイレの排水+その他生活排水を両方合わせて処理することが可能です。

現在どちらを使用しているか分からない方は、ご自宅(オフィス)の浄化槽を一度ご確認ください。また、浄化槽TAサポートにご連絡いただければ、浄化槽の種類の確認方法をご案内いたします。

浄化槽TAサポートにご依頼いただくメリット

安心の低価格です

ブロワや部品の販売価格、維持管理費ともに、お安くご提供しております。浄化槽の維持管理は、生活する上で必要不可欠なインフラです。「節約のため清掃の回数を減らす」というわけにはいかないからこそ、私たちはご利用いただきやすい料金設定にしております。

資格を持つスタッフが伺います

浄化槽の点検ができるのは、浄化槽管理士という国家資格を持つ者のみです。浄化槽TAサポートでは、有資格者が分かりやすい言葉で丁寧にご説明しながら、責任を持って維持管理いたします。浄化槽に関するご不明点があれば、お気軽にご相談ください。何でもお応えいたします。

地域密着で迅速に対応します

浄化槽のトラブルなどがあった際にはすぐに駆けつけ、迅速に対応いたします。お客様との距離が近い"地域密着型業者"として、皆様に安心して暮らしていただけるようなサービスを提供してまいります。一度お会いしたお客様とのご縁を大切にし、困ったことがあったらいつでもご相談していただける存在でありたいと思っております。

浄化槽を正しくお使いいただくために

1

定期的に保守管理と清掃を

浄化槽は、微生物の力を使って汚れた水をきれいにしています。浄化槽の機能を保つために、浄化槽法によって定められたルールを守り、設置後の維持管理を行わなければいけません。浄化槽法には、保守点検や清掃、法定検査に関するルールが定められています。

2

キッチンでの注意

台所では食用油を流してはいけません。使用後の油は、新聞紙などに染み込ませたり、市販の油凝固剤で固めて燃えるゴミとして処理しましょう。また、調理の際に発生した生ごみや食べ残しは、三角コーナーに捨て、シンクの排水溝にゴミが流れないように注意してください。ディスポーザシステムには、生ごみを砕いて流す役割がありますが、処理能力・環境保全の面では限界があります。

3

洗濯での注意

洗剤はできるだけ中性のものをご使用いただき、塩素系漂白剤の過剰な使用はやめましょう。大量に使用しますと、浄化槽の微生物に悪影響を及ぼす場合があります。

4

トイレでの注意

トイレでは、水に溶けない物(ティッシュペ-パ-や衛生用品、紙おむつ、たばこの吸い殻など)は、流さないようにしましょう。また、トイレットペーパーは適量を使いましょう。便器の清掃の際は、塩酸系洗剤を避けて、中性洗剤の使用を心がけてください。

5

臭気について

電源を切ると汚水処理能力が低下してしまうため、様々なトラブルが発生します。また、通気口をふさがないでください。臭気発生の原因になることがあります。家族に糖尿病の人がいる場合、排出される糖を浄化槽が処理しきれず異臭が発生することがあります。ご不明な点はご相談ください。

よくある質問はこちら

〒331-0047
埼玉県さいたま市西区指扇2829-1

TEL/FAX:048-626-1212

[電話受付時間] 9:00~18:00

※FAX・メールでのお問い合わせは24時間受付中

埼玉県浄化槽保守点検業者登録番号:第1-1648号